平日・土日も21時まで受付

JR上野駅 広小路口より 徒歩5分
東京メトロ日比谷線 上野駅 3番出口 徒歩1分
東京メトロ銀座線 上野駅 3番出口 徒歩1分
京成線 上野駅より 徒歩7分

Web
予約

高度生殖医療

高度生殖医療


  • 最先端技術
    タイムラプスインキュベーター
    ≫ 詳細はこちら
    • 受精卵は、インキュベーター(培養器)の中で培養されています。培養器の中は、酸素や二酸化炭素の濃度を調整し、温度を一定に保つことによって、受精卵にとって居心地が良い環境となるように整えられています。
    • 従来の培養器では、受精や発育の状況を確認するために、1日1回培養器から取り出して、顕微鏡下で観察する必要がありました。しかしながら、受精卵にとって居心地の良い培養器から取り出され、異なる環境である空気中に曝されることは大きなストレスとなってしまいます。
    • タイムラプスインキュベーターは、カメラと顕微鏡を内蔵した培養器であるため、受精卵を取り出さずに観察を行うことができるようになり、受精卵に与えるストレスを大きく低減できます。その結果、培養成績の向上、妊娠率の向上が認められます。


  • タイムラプスで観察した正常胚

こだわり抜いた排卵誘発・胚移植法

様々な工夫により、2019年度に1回の採卵で妊娠した確率は73.1%でした(30-39歳:妊娠=胎嚢確認)

≫ その理由はこちら


体外受精の成績は採卵・培養・胚移植それぞれのレベルによって大きく影響します。

  • 採卵:注射の量、種類、打つタイミングだけでなく、どのタイミングで採卵をしていくかもとても重要になってきます。
    当院では院長のこれまでの経験・研究結果から、それぞれの患者様の、それぞれの状況に最適な選択をすることで質のよい卵子をできるだけ多くとっていきます。
  • 培養:受精・培養の段階では、培養士の腕・取り扱う培養液などの材料・培養機器(インキュベーター)などが重要になってきます。
    当院では最新の培養機器・卵子にやさしい顕微授精(Piezo-ICSI)を取り入れることで培養・妊娠の成績が高くなっています。また培養士、取り扱う材料などの成績を分析・改善し、卵子にとって最高の状況を作るようにしています。
  • 胚移植:胚移植は使用するカテーテルの種類なども重要ですが、一番大事なのは移植する医師の腕です。行う人により5-10%の妊娠率の違いが出ます。
    当院では院長のこれまでの経験・研究結果からカテーテルの最適な挿入方法・胚移植方法により高い妊娠率を実現しています。
  • 排卵誘発法:自然周期か刺激周期か、内服・注射薬の種類、注射の頻度、採卵するタイミング・・など ≫ 概説はこちら
  • 胚移植法:移植するカテーテルの種類、移植する胚の子宮内での位置、胚移植の注入スピード・・など
  • 年齢、ホルモン値、卵巣機能、今までの治療結果などをもとに、以下の誘発方法の中から患者さんにとってベストなものを選択します。
  • 基本的には注射による刺激をしていきます。というのも、注射の刺激により複数個とれれば、自然周期法の1個に比べて効率性が何倍もアップするからです。
  • 注射刺激の量は多ければいいというものではありません。量を増やしても卵が育たない場合もありますし、逆に量を増やしすぎることによって卵巣が腫れてしまう合併症を引き起こすこともあります。
胚移植法:グラフ

当院は患者さんの安全と安心を考えます

患者さんの安全を第一に考えて医療を行います。

体外受精では、一定の確率で合併症がおこるとされています。(出血、感染、子宮外妊娠・・など)
医師の努力によりその確率はより低いものにできるため、日々意識、努力し、より患者さんにとって安全な医療を心がけております。

反復不成功でも妊娠を目指せる各種対策

数回の胚移植でうまくいかなくても、その方に合ったさらなる対策を行うことで高い妊娠率を維持できます。

  • 子宮鏡下子宮腔内洗浄
  • 子宮内膜スクラッチング
  • SEET法
  • 免疫療法
  • ヒアルロン酸添加胚移植用培養液
  • アシステッドハッチング
  • 慢性子宮内膜炎治療による着床改善
  • 抗EGF抗体検査・治療 ≫ 詳細はこちら

抗EGF抗体は、当院院長と不育症の権威である杉俊隆先生が開発した検査です。

EGF(epidermal growth factor)は成長因子として子宮、胎盤の血管新生に重要な役割を果たしていると言われています。
EGFに対する抗体を持っていると、子宮内膜の血管新生を阻害し、良い内膜が出来ないために着床障害の原因になると考えています。

この着床障害検査は世界で杉ウイメンズクリニックでしか行っていません。当院は研究において杉ウイメンズクリニックと提携していますので当院で治療をしている方に限り、待つことなく検査可能です。(通常予約は基本的に3,4か月待ちです。)
必要と思われる時にこちらから検査の提案をいたします。

1回の胚移植あたりの妊娠率を高めています

1回の胚移植あたりの妊娠率を高めています

胚移植を1回行った時の妊娠率

院長:2015~2016年の2年間に胚移植を行った44歳以下の症例619周期
全国:2014年の1年間に胚移植を行った44歳以下の症例217026周期(日本産科婦人科学会公表)

<2019/5-2020/4月の成績>
胚移植1回あたりの妊娠率
62.4%(30~39歳)


最適な排卵誘発・採卵法による質のよい卵子、最先端技術タイムラプスインキュベーターの導入、最適な胚移植法の研究により、過去の成績(グラフ)よりもさらに高い妊娠率となっています。

診療受付時間
休診:月曜・木曜・祝日
 
12:00~15:00
17:00~21:00
診療内容
不妊治療・体外受精専門
住所
東京都台東区東上野2-18-6 ときわビル2F
アクセス
JR上野駅 広小路口より 徒歩5分
東京メトロ日比谷線 上野駅 3番出口 徒歩1分
東京メトロ銀座線 上野駅 3番出口 徒歩1分
京成線 上野駅より 徒歩7分
電話番号
03-3834-8996
※予約は全てインターネットからとなります。
※完全予約制となります。≫ 予約はこちら
※一般婦人科診療およびアフターピルの処方は行っておりません。
クレジットカード
使用可能
VISA, mastercard, JCB, AMEX, DC, DISCOVER, J-Debit